韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ自伝エッセイ‘7分ドラマ’人気急上昇
2010年03月05日 (金) | 編集 |
バンクーバー冬季オリンピックを控えた去る1月28日出版されたキム・ヨナ自転エッセイ'キム・ヨナの7分ドラマ'(中央出版社)の人気がキム・ヨナ選手の金メダル獲得の便りにさらに高まっている。

キム・ヨナ選手のショート プログラムが終わった去る2月24日以後書店注文量が2倍に走ったし,26日フリースケーティング プログラムを終えて金メダルが確定するや書店注文量が3倍以上増えた。

インターネット書店インターパーク図書では2月28日日別ベスト2位(1位-魔法千字文)に上がって成人図書では1位に上がったし,3月3日現在の主幹総合順位は3位に先週対応何と31階段でも跳ね上がった。

だけでなく米国,英国,カナダ,ヨーロッパなど国内図書輸出が珍しい国まで問い合わせ電話が続いている状態. 米国メジャー出版社で出版社側に直接連絡を取ってきたりもしたし,著作権を中継する韓国エージェンシーらによれば英国,米国出版社と専門エージェントらが連休期間の間(2月27日~3月1日)爆発的な反応を見せたと伝えてきた。

単純に金メダリストに対する関心を越えて,キム・ヨナ選手の立派な資質とませてちゃっかりしている容貌が英米圏の人々をひきつけたし,これに力づけられて'キム・ヨナの7分ドラマ'も英米およびヨーロッパ市場にもアピールすることができると確信していると。

中央出版社では連休直後著作権を仲介する国内エージェンシーおよび海外出版社の海外版権問い合わせとミーティング要請が激しくて正常に業務に支障を体験するほどなので,キム・ヨナ選手の高まった海外地位を実感している。

一方,出版社側では'キム・ヨナの7分ドラマ'の人気に報いようと,キム・ヨナ選手の金メダル獲得を祝うイベントを3月4日から進行することに決めた。この日から'キム・ヨナの7分ドラマ'を購入する読者に今回のシーズン ブロマイド3種を支管筒に入れて先着順限定数量で贈呈してインターネット書店イエス24,アラジン,インターパーク図書,教保文庫,リブロ(以上5ヶ所)で進行する。

[世界日報 2010-03-04 11:38]  元記事はこちらから

yk20100304-1.jpeg

※海外からのお問い合せ殺到みたいなので(日本は?)少なくとも英語版の発売はそう遠くもなさそうですね!にしてもブロマイドいいなー;; 

オリンピックネタも落ち着きましたので「7分ドラマ」、地道な作業ですがハングルキーボード入力でテキスト打ちしながら自動翻訳してみようかと~。辞書を引きながらよりよっぽど早そうだし(爆)。日本版発売とどっちが早いか勝負!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。