韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ記念鋳貨をツバルで発行する理由は?
2010年03月07日 (日) | 編集 |
キム・ヨナ記念鋳貨が国内でなく太平洋の島国ツバルで発行される理由は何だろうか?

大韓体育会(KOC)が5日“キム・ヨナの金メダルを記念して感動の瞬間と喜びを分けようと発行する”と明らかにしたキム・ヨナ記念鋳貨は色々な面で特異だ。 発行国はイギリス連邦国家のツバルだ。 オーストラリアの東北の側に位置した図書国家のツバルは人口が1万2000人余りに過ぎない。

鋳貨製作は国内でないオーストラリアのパース造幣局で進行された。 額面価には原価(韓国ウォン)でないオーストラリアドル貨幣が刻んでいる。 金貨は25ドル(約2万5700ウォン),銀貨は1ドル(約1028ウォン)だ。 売り値は金貨が88万ウォン,銀貨は12万1000ウォンだ。

このようになった理由は国内に特定人物のための鋳貨発行規定がないためだと東亜日報が6日報道した。 記念鋳貨は額面価より高く販売することもできない。 大韓体育会は“韓国銀行法相韓国造幣公社で発行する鋳貨をマーケティングや付加価値を創出できる目的で販売できない”として“これに伴い他の国家で製造するほかはない”と説明した。

鋳貨を販売する(株)花洞洋行は“色が入る鋳貨だから技術力がある国家の造幣局を調べてみてオーストラリア パース造幣局と契約した。 パース造幣局で直接ツバルに発行承認を受けた。 一定部分のロイヤリティーまたは手数料を支払うと知っている”と話した。 引き続き“ツバルで通用は可能だが88万ウォンの売り値を与えて購入した鋳貨をそちらに行って額面価25ドルに使う可能性はないようだ”と付け加えた。

キム・ヨナ記念鋳貨は金貨(直径22.6mm,重さ7.78g)と銀貨(直径40.6mm,重さ31.1g)二つの種類だ。 前面にキム・ヨナのフリースケーティング競技場面とサイン,大韓体育会徽章などを入れた。 各々3万個が発行される。 記念鋳貨収益金の一部は韓国スポーツ発展に使われる計画だ。

(株)花洞洋行はその間ノルウェーを通じて故キム・デジュン前大統領記念鋳貨を,リベリアを通じて故キム・スファン枢機卿の記念鋳貨を発行した。

[朝鮮日報 2010-03-06 14:08] 元記事はこちらから

※なんだか韓国の硬貨っぽくないなあと思ったらこういうことなのですね~。

yk20100306-9.jpg
これこれ↑

今日のKBS五輪の特番はなぜかログインできず繋がらないまま断念;;
明日は朝から出かけますため更新開始は夜スタートとなりますのでご了承ください~。
コメント
この記事へのコメント
私も欲しいな。ネックレスにしたいです☆
2010/03/07(日) 11:47:35 | URL | りさこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。