韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

往年のフィギュア伝説らオリンピックその後
2010年03月13日 (土) | 編集 |
冬季オリンピックの花で呼ばれるフィギュアスケーティング女子シングルで金メダルを取った歴代スターらはオリンピック以後どんな人生を選んだのだろうか?あまりにもに高い人気を享受して芸能人劣らない接待を受ける理由に大部分プロ転向および芸能界活動,そして各種広報大使や放送日などに従事していると調査された。特に最近になって多くの選手たちがオリンピック優勝後引退を選んでいる。歴代オリンピックの'フィギュア伝説'らがオリンピック金メダル以後どんな人生を選択したのか調べた。

ソニャ・ヘニー

(米国・1912~1969):百科事典に見ればアイスショースター兼映画俳優に出ている。1928年から空前絶後なオリンピック3連覇を達成したし以後プロで転向して米国に渡っていってアイスショーおよび映画俳優で大人気を集めた。当時だけでもアイスショーの時ヘニーが着た純白色の超ミニスカートはセンセーションを起こした。'銀盤の女王'というニックネームを最初に作り出した。20セギポクスサにスカウトされて <氷上の花> など15編の映画に出演して一時米国内人気俳優順位3位に上がるほどハリウッドのトップスターに新たに出た。 1956年ノルウェーの船舶王オンスタンドゥと結婚した。 ノルウェー生まれだが米国国籍で取得したヘニーはまた1927年から1936年まで世界選手権大会も10年連続優勝するなど絶対強者で君臨した。

ペギー・フレミング

(62・米国):1968年グルノーブル冬季オリンピック金メダル以後プロで転向したしやはり映画 < 白い恋人たち > に出演するなど芸能界活動をすることもした。 以後にはABCスポーツの解説者にも20年超えて活躍した。 ワイン会社を経営したりもしたが乳癌診断を受けた後乳癌退治など社会活動を活発に広げた。

カタリナ・ビット

(45・ドイツ):1984年サラエボと1988年カルガリーオリンピック2連覇.二つの言葉が必要ない歴代フィギュアスケーティング最高のスターだ。技量だけでなくまぶしい容貌で全世界男性ファンたちをひきつけた。カルガリーオリンピック時はビット競技の視聴率がスーパーボールより高く出てくることもした。オリンピック2連敗以後プロで転向,米国でアイスショーで大成功をおさめた。1989年には <カルメン・オン・アイス > というTV映画に出演してエミー賞を受けることもした。 さらに1998年 < プレイボーイ > モデルにも出演して論議を起こすこともした。 94年オリンピックにまた挑戦したが7位に終わったし以後事業家にも成功した。 今回のバンクーバーオリンピックではドイツ放送の解説者で活躍した。

クリスティ・ヤマグチ

(39・米国):1992年アルベールビルでは日系米国人で金メダルを占めた。 当時21才であったヤマグチは月桂冠をかぶった後未練なしでまさにプロ転向を宣言した。 そして以後プロ舞台で大きい成功を収めた。

オクサナ・バイウル

(33・ウクライナ):1994年リレハンメルで17才新鋭で金メダルを取り出す気炎を吐いた。非常に幼い年齢だったがオリンピック優勝後電撃引退を宣言してその年世界選手権にも出場しなかった。以後プロで転向,アイスショーに出演した。だが幼い年齢に富と名誉を握ってアルコール中毒,飲酒運転逮捕,婚約破棄など多くのスキャンダルを起こした。

#その他:1998年長野オリンピックで歴代最年少の15才の年齢で金メダルを取ったタラ・リピンスキー(28・米国)は直ちに引退を宣言したし以後アイスショーと映画俳優にも活動した。 2002年ソルトレイクシティ金メダリストサラ・ヒューズ(25・米国)も1年ぶりに引退したし,2006年トリノ チャンピオン荒川静香(29・日本)も多くの年齢(当時25才)によって直ちに引退した。大部分アイスショーなどに出演して活動したがヘニー,ビット,ヤマグチのような成功はおさめることができなかった。

#参照:キム・ヨナの偶像のミッシェル クワン(30・米国)は当代最高の選手だったが唯一オリンピック金メダルとは縁がなかった。1998年銀メダル,2002年銅メダルに終わったし,若くない歳に2006年トリノ オリンピックまで挑戦を宣言したが負傷で出場の夢をかなえることができなかった。2008年28才の年齢で現役から引退したし大学で博士課程を経ていて主に解説者で活躍している。イメージがあまりにも良くて米政府から親善外交使節に任命されることもした。

[日曜新聞 2010-03-12 10:40]  元記事はこちらから

20100313-12.jpg 20100313-13.jpg

※オクサナ・バイウルの白鳥&黒鳥はまるでバレエの舞台を観るようでホントに感動ものでした。当時彼女は貧しくてペトレンコが兄のように支援して微笑ましく見ていた記憶がありますがその後波乱万丈だったのですね;;
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。