韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア:15歳・羽生が逆転優勝 世界ジュニア選手権
2010年03月13日 (土) | 編集 |
フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は11日、オランダのハーグで行われ、男子フリーで15歳の羽生結弦(はにゅう・ゆづる)=宮城ク=がトップの147.35点をマークし、合計216.10点で優勝した。

ショートプログラム(SP)3位だった羽生は、2度のトリプルアクセル(3回転半)を決めるなどして逆転に成功。日本男子の優勝は2002年の高橋大輔(関大大学院)、05年の織田信成(関大)、06年の小塚崇彦(トヨタ自動車)に続いて4人目となる。

宮城・七北田中3年の羽生は昨年12月に行われたジュニアグランプリシリーズのファイナルで優勝。1月の全国中学校大会で3連覇を達成した。

[毎日jp 2010-3-12 9:50] 元記事はこちらから

20100313-8.jpg
伝統芸能系なお顔立ち(笑)。




フィギュア:Vの羽生「ソチ五輪の星」 出場枠増にも貢献

オランダのハーグで開催されているフィギュアスケートの世界ジュニア選手権で、15歳の羽生結弦(はにゅう・ゆづる、宮城ク)が日本男子では高橋大輔(関大大学院)らバンクーバー冬季五輪に出場した3人に続く優勝を飾った。

今季ジュニアグランプリ(GP)ファイナルで初優勝した期待の新鋭は、低迷していたジュニア世代に光を差す「2014年ソチ五輪の星」だ。日本男子は07年からの3大会で8位が最高と苦戦してきた。世界ジュニア王者の座を足掛かりに、シニアの舞台で羽ばたいた高橋らに続く存在が、ようやく現れた。

荒川静香さんが育った仙台市の出身。高い柔軟性を生かして、男子では珍しいビールマンスピンで魅了するなど、しなやかな滑りで独特な雰囲気を醸し出す。金妍児(キム・ヨナ、韓国)のように「女性的な表現も演技に生かしたい」と話し、目標の選手も個性派で知られるジョニー・ウィア(米国)という。身長は1年間で約6センチ伸びて170センチ近くなり、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の安定感が増した今季はダイナミックさも兼ね備えた。

12位だった初出場の前回から大躍進し、今大会一つだった出場枠を最多3枠に広げた。来季のジュニアGPシリーズ出場枠も増える見込みで、多くの選手に国際経験を積む機会が生まれる。日本フィギュア界の将来にも好影響をもたらす価値ある栄冠だった。

[毎日jp 2010-3-12 20:08] 元記事はこちらから

※羽生君、前日のショート3位からがんばりましたね!ヨナたんやジョニたんの名前を出してるところがまた好感度アップ(笑)。韓国から出場のキム・ミンソク君は残念ながらフリーへの出場権は得られなかったとのことですが、これからも夢はでっかく世界を目指してファイティン!

そして女子SP終わって村上佳菜子ちゃん第2位がんばってる~。この調子でフリーも笑顔でGOです^^
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。