韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナがユ・インチョンの'ハグ'を避けた理由
2010年03月15日 (月) | 編集 |
'ウムチャル'で読んでみた'ハグ'の省察的相互性

最近インターネットには'ユ・インチョン屈辱'という検索語が人気だ。クリックしてみれば,おもしろい動画と写真に多くのコメントらがかかっている。動画の内容はすなわち,ユ・インチョン長官がカナダで帰ってきたキム・ヨナに向かって唇を差し出して抱こうとするやキム・ヨナが拒否して後に退く。

これに慌てたユ長官はキム・ヨナから落ちて直ちに顔と視線をそらして誰か他の人に向かって挨拶するように腕を大きく振って困難な状況を収拾しようとする。 ところが誰か見てもどうしても屈辱らしいあるべき姿ではなくなれない。

動画というよりは正確に'ウムチャル'なのに加え,フレーム外側に果たしてユ長官の挨拶を受ける人がいるかは分からないが,フレーム中にある人々中にはユ長官の八挨拶を受ける人がないのは明らかだ。 決して収拾がつくことはできない状況である。

このウムチャルの下に置かれた写真ではオーサーコーチとユ長官が互いに抱いていてキム・ヨナは後からこの場面を眺めてとても不適当な表情をつくっている。 キム・ヨナの眉毛と目じりは普段より上がっていて,鼻の穴も大きくなっていて,鼻両側の顔筋肉もぴくっとになっている。

不快さ,怒り,嫌悪などの感情が入り乱れた幽玄な表情だ。 もちろん,キム・ヨナであるから当然二票程度可愛くて愛らしいが話だ。 とにかくこの写真を見て私はオーサーコーチでこそこの時代の真の'勇者'衆議院1人という考えをするようになった。

欧米人らが要人で軽く抱くのをハグ(hug)という。 この間ソン・シベク選手のお母さんがイ・ホソク選手の失敗を許して安楽に抱いてくれたことがあるのに,あえて言ってみれば一種のハグということができる。 同じ側選手がゴールを入れたりスパイクを成功させた時選手たちどうしすることもハグだ。

ところで,外国で長く生活をした人々の話では要人としてのハグが見るキス(cheek kissing),なので友人や知っている人ら間に気兼ねなく成り立つキス要人よりさらに重いという。 見るキスがさらに形式的な反面,ハグはさらに親密性を現わすという話だ。

慣例的な見るキスを描写する時使う英語動詞は口語でpeckだ。 peckというのは本来は'つつく'という意であるから,見るキスはつつきまくるようにするのを適当にして急にするという意だ。 見るキスだとだが,少なくない場合にボールに唇を当てるふりだけしたりもする。 回数は国に従ってみる一方にだけしたりもして,両側みなにしたりもして,さらに3度する場合もある。

慣例的な要人キスだが意外に微妙な隈もある。 例えば,北米教会中には礼拝が終わった後牧師がすべての信徒らに見るキスをする所がある。 ところで,牧師が男性で信徒が女性の場合,見るキスだけしなければならないのかハグまでもしなければならないかはその時その時ごとに違うということだ。 その時の雰囲気および相手方女性信徒が願うのかの可否を瞬間的に把握して決めなければならないということだ。 米国に渡っていっていくらならない韓国人男性牧師のこういう内容の体験談を以前に読んだことがある。

ハグや見るキスが文化的に見慣れない私たちとしては,北米やヨーロッパの人々の場合,ハグや見るキスを無条件的に互いに簡単にしまくると考えるかは分からないが,実状は若干の心理的ストレスを与えるようだ。最近ナトー首脳会談をしにヨーロッパに行ったオバマはサルコジ フランス大統領の夫人ブルーニとの一次対面で見るキスをしなかった。反面米セル令夫人とサルコジ大統領はハグと同時に見るキスをした。

米国とヨーロッパの新聞らは互いに分かれて,同じ写真を置いて,ブルーニが近づいたがオバマが避けたといったり,そうでなくてブルーニ側から拒否したのが明らかだともした。 他の見方をすればつまらなくてささいなことだが大西洋両側の人々のひま潰しをしばらく解消させることができるゴシップ通りである。 とにかくこういう記事らを意識したことかは分からないが,もう少し後ほど成り立ったピアノ コンサート席でオバマとブルーニは結局慣例的な見るキスをするのに成功することになった。

なので,私がしようとする言葉はユ長官の試みがとても激しい'オーバー'というものだ。 米国とヨーロッパの人々にもハグや見るキスがとても自然で当然のことは決してない。 そうするなら,韓国の人々同士のハグ,それもあえて'私たちのキム・ヨナ'との一方的なハグ試みというものは当初野蛮なのだ。

ハグでも見るキスでも心理的相互性が前提にならなければならない。 身体接触を通した私の要人法に相手方も喜んで応じるという文化的確信と省察が先行しなければならないことだ。 そうしてこそ,ハグでも見るキスでも自然に成し遂げる。 このような省察的相互性が前提にならなかったハグはレスリングや格闘技になってしまう。

省察的相互性が前提にならない場合,特に一方的に試みる側が男性や強者で当てられる立場が女性や弱者ならば,当てられる立場では瞬間的に当惑して,また重ね重ね'チプチプ'日が沈むもので,時には人によってはさらに一種の性的虐待で感じることもできるだろう。

キム・ヨナは国際舞台で競争した外国選手たちとハグを何度もした。今回の冬季オリンピックでも授賞式の時なのか浅田真央と軽いハグをしたもので記憶される。このような点で見る時,ユ・インチョン長官の無謀で一方的であり野蛮な試みに対するキム・ヨナの明らかな拒否動作はグローバル マナー種目での金メダルの価であったし,その表情演技の芸術性も一品だった。

最近何年間に各種新型インフルエンザが全世界的に流行して欧米課アラブ地域では直接的身体接触を通した要人はたくさん減る傾向を見せた。 人々は握手を省略して,キスを避ける一方,などを何回たたくことでハグの代わりをするということだ。

なので,キム・ヨナにはユ長官とのハグが'互換,ママ'よりもさらに恐ろしかった計算だ。 もし,ユ・インチョン長官がそれでも必ず誰かとハグをしたいなら,サボテンや針鼠とすることが正しいと見る。 でなければ,生命らも拒否権を持つというならば,洛東江のその冷たくて凶悪なフォーククレーン熊手手らとするしかないだろう。

[メディアトゥデー 2010-03-14 17:21] 元記事はこちらから

yk20100314-6.jpeg yk20100314-7.jpeg

※写真と記事との関連はわかりませんがヨナたんの表情があまりにかわいかったんでアップ!(爆)元記事サイトには問題のユ長官屈辱gif動画あり~。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。