韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブライアン・オーサーとキム・ヨナ キム・ヨナも美しくてブライアン・オーサーも美しい
2010年03月16日 (火) | 編集 |
ブライアン・オーサーコーチは誰が何としても彼はキム・ヨナを通じて彼の夢を実現した人だ。 ある人生の夢を実現するところにお金の金額を計算するということは滑稽だ。 今日の色々な媒体らに非常に残念な記事らが浮かび上がった。 ブライアン・オーサーはキム・ヨナが雇用した(?) 個人教師だから文教体育省から0ドルを受けるほかはなくて,キム・ヨナとの契約でも成功補償金を支払うことにしなかったとしヨンとオーサーの間の美しい理由をややもするとき損できるきわどい記事らを浮かした。

しかし午後のニュースをまた見ると憂慮がきれいに行った。 ブライアン・オーサーコーチが文教体育省から4,000万ウォンの報奨金を受けるという。 金額が多い少ないは問題でない。 キム・ヨナによって大韓民国国民皆が幸せだったし,世界的に大韓民国のアイデンティティがアップグレードされたことにはブライアン・オーサーの指導があったとのことを否認する人いないだろう。 彼がいなくてもキム・ヨナの今日があったとすれば何のために彼を迎えたのか? "4,000万ウォンを大韓民国が褒賞したか,キム・ヨナが個人的に与えたか?"とする問題には名分上天と地の差がある。 大韓民国は彼に金銭以上のセンチメンタル値打ちを補償しなければならない。

ブライアン・オーサー,彼は金銭に偏らないで彼の成就欲のためにキム・ヨナを育てただろう。 これは金銭で換算できない人生の価値だ。 それでこれだが筆者は世の中の人々がこういう問題を引き出して美しい二人の間を分けないことを願う。 割り込んでならなかったが筆者は某大企業へのコンサルティング課題を協議した経験がある。 企業は'いくらを差し上げなければなりませんか?'と尋ねたし,筆者は'結果を見てうれしいことだけにだけ下さい'と答えた。 与えなくてもかまわないといったのだ。 ブライアン・オーサーがまさに当時の筆者の心だったことという気がすることだ。

企業を成功させようとすることが筆者の目的であって金を儲けることが目的ではなかったのだ。 ブライアン・オーサーやはりキム・ヨナを通じて彼の希望(aspiration)を成就することが目的だったことだと考える。 この世の中に計算がない人はない。 しかしその計算が短期指向的か,長期指向的か,その計算が金銭か哲学かによって人の品格が変わる。

実に久しぶりに筆者は長期的計算,哲学的計算をする20年年下の外国人同志に会ったようだ。 もちろん私たちの周辺にはこのように上品な人々がたくさんいる。 だが隠れている事例らをモデルで下記には恥ずかしい点があってブライアン・オーサーを事例で上げることだ。 ヨナも美しくてブライアン・オーサーも美しい。 私たちはこの二人を美しく育てなければならないだろう。 ここにはどんな色もかぶせてはいけないだろう。

[ニュースタウン 2010-03-02 23:20:43] 元記事はこちらから

yk20100315-8.jpg

※ヨナたん&オーサーコーチについてのコラムが続きましたが、金メダリストという最も幸せなスケーターとしてヨナたんをお披露目する来月のフェスタ・オン・アイス、オーサーコーチはどんな風にプロデュースするんでしょう、とっても楽しみです!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。