韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーサーコーチ"キム・ヨナ,トリプル アクセル挑戦することも"
2010年03月26日 (金) | 編集 |
ブライアン・オーサーコーチがキム・ヨナの今後計画に対する自身の考えを打ち明けた。

去る15日カナダトロントに位置した自宅で進行されたKBS 2TV '感性ドキュメンタリー未知数'とのインタビューでオーサーコーチは"オリンピックは国家と氷上連盟,家族,そして全世界のファンたちを失望させないために演技したことだったし,結果的によくやり遂げた。だが今回のトリノ世界選手権大会だけは彼女自身のためにスケートをする必要があると考える"と明らかにした。

バンクーバーオリンピック当時の状況に対してオーサーコーチは"事実ショート プログラムで真央のすぐ次の順序になってうれしかった。それでむしろヨナが集中力ある演技ができたと考える。完ぺきなシナリオであった"と明らかにした後"ヨナが演技を終える瞬間金メダルを取ることということを予想した。発表される前に分かった"と話した。

金メダルを取った日夜状況に対しては"とても簡素だった。 ヨナは質素な子だ. ドーピングテストとインタビューをした後まさにホテルに戻ってヨナのお母さん,お父さん,エージェント,デビッド・ウィルソン,私とヨナ共に温かい時間を送った。 ヨナのご両親がヨナがどれくらい誇らしいのか話する時とても感動した"と伝えた。

またオーサーコーチはキム・ヨナのトリプル アクセルに対して"私はヨナがトリプル アクセルができたと考える。ヨナは本能的に競争心が強くてこれからフィギュアスケートを継続すると決心するならばトリプル アクセルを習う選択を考慮するかも知れない"と話した。

キム・ヨナとクァク・ミンジョンの比較する質問に対してオーサーコーチは"ヨナはスケーティングスキルとテクニック面でミンジョンよりさらに発展した状態だ。 だがミンジョンはいくらにもならない期間の間スポンジのようにすべての情報を吸収した。 ミンジョンは成功するために必要なすべての点を整えている"と励ました。

オーサーコーチのインタビューは27日午後10時15分'感性ドキュメンタリー未知数'で放送される。

[マイデイリー 2010-03-26 17:43] 元記事はこちらから

yk20100326-1.jpg yk20100326-2.jpg

※明日放送これは見たい~、フリー競技の真っ最中ですがJsportsとダブル視聴で!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。