韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ"スケーティング自体が嫌いだった"
2010年03月27日 (土) | 編集 |
“先週にはスケート自体がしたくありませんでした。”

27日(韓国時刻)フィギュアスケーティング世界選手権大会ショートプログラムで最悪の成績表(7位)を受けたキム・ヨナ(20)は競技後取材陣に会って大会準備過程で問題があったことを打ち明けた。 キム・ヨナは“今回の大会控えてまともに訓練をした期間は1週間しかならない”と話した。

キム・ヨナは大会を控えて“オリンピックが終わって精神が半分ぐらい抜けていた”と打ち明けたが,偶然にもオリンピック以後初めての球式演技で最悪の演技をした。 オリンピック金メダルという目標を成就したためであったか。 キム・ヨナは“(オリンピックが上手だったが)競技をもう一つ行わなければならないという事実が恐ろしかった。 (競技の時の)緊張感をまた感じるのが嫌いだったようだ”と話した。

キム・ヨナはこの日の演技に対して“プログラムのすべての基本要素らをこのようにきれいに(演技)できないのは初めてであるようだ。とても当惑する”と評価した。トリプル フリップ,レイバックスピン,スパイラル シークエンスなど失敗があった演技に対しては“左側スケートと脚に力がなくて揺れた”と原因を分析した。キム・ヨナは“レイバックスピンは力がとてもたくさん入ったこと同じで,残りはあきれるように失敗をした。なぜそうしたのか?”として話をつなぐことができなかった。 特にスパイラル失敗に対しては“私がしたが情けなかった”としながら“もしかしたら最悪になりうるという気がした”と話した。

キム・ヨナは残ったフリースケーティング演技に対して覚悟を固めるのを忘れなかった。 キム・ヨナは“今日とてもできなかったという失望感があるが,(以前にもこういう状況を)よく勝ち抜いた経験がある。 今日ことはみな忘れて最善を尽くす”と話した。

[朝鮮日報 2010-03-27 02:39] 元記事はこちらから

※ヨナたんお疲れさま。過ぎ去ったことへの後悔は残さずにゆっくり休んで疲れを癒してください;;

日本でのショートの放送はスカパーJsportsPlasさんが17:45から、地上波フジテレビが19:00からですが、韓国SBSではお昼間12:10~13:00まで女子ショートハイライトが放送されます~。前後はきっとヨナたんCMを集めてきますので韓国テレビの視聴体験チャレンジしてみてはいかがでしょう^^

やっぱり今日はここまで~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。