韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ヨナ,"フィギュアは私の人生...引退まだ悩み"
2010年03月29日 (月) | 編集 |
[アンカーコメント]

激しくて派手だったオリンピック シーズンを終わらせた'フィギュア女帝'キム・ヨナがその間の気苦労を打ち明けました。

自身の人生にあってフィギュアは全部としながら,引退可否はまだ悩んでいると明らかにしました。
イタリア,トリノでパク・ソジョン記者が会いました。

[リポート]

世界選手権大会まで全部終えたキム・ヨナは申し分なく気楽です。
ですが,一日前までも棄権まで考えて絶えず葛藤しました。

[インタビュー:キム・ヨナ,女子フィギュア世界ランキング1位]
"6分ウォーミングアップ入る前まではして本当にできなければ出てきてしまうつもりだという考えもしたんですけれど。 私がこの難しい瞬間を越した方が私により大きい意味があるだろうと考えをするようになるから..."

大会の時ごとに耐えなければならない圧迫感を考えれば今すぐにでも引退したいが,絶頂の技量を整えた今スケート靴を脱ぐことに未練も残ります。 海外大学で交換学生で勉強するのも考えてみたが,具体的進路は決めなかったです。

韓国に到着して仮装したいのは太る心配しなくて思う存分食べるのです。
友人らとのおしゃべりも懐かしいです。

[インタビュー:キム・ヨナ]
"競技やオリンピックのために多くのストレスがあったがそんなことが私の頭の中に一つもなく暮らせるというのがとても良いようです。"

二十一才に得ることになった'世界チャンピオン','フィギュア女帝'という修飾語,負担になることよりは感謝するように感じられます。

[インタビュー:キム・ヨナ]
"それだけ私を認める人々が多くて私の演技が好きになって下さる方々があるという意味だから..."

15年フィギュア人生の喜怒哀楽が入れられた銀盤,今はフィギュアスケーティングがない人生は考えることができないキム・ヨナになりました。

[インタビュー:キム・ヨナ]
"キム・ヨナ人生においてフィギュアというのは,'私の人生'. ハハハ... 今後もずっとフィギュア界に残ることでフィギュアがないならば私は何でもないと思います。"

生涯最も熾烈で派手だったオリンピック シーズンを締め切った'フィギュア女帝'は一日の間こちらトリノで休息を取って個人日程を消化します。

そして,私たちの時間で来る31日昼間に帰国してアイスショー準備に入ります。
イタリア,トリノでYTNパク・ソジョンです。

[YTN動画 2010-03-29 11:43]  元記事はこちらから

※元記事サイトになる動画がちーとも進まなくてえらく見るのに時間がかかりました(爆)。2分くらいのとこのガハハ笑いがカワイイです^^

お待たせしました?(笑)新着チェック続けます~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。