韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーサーコーチ"キム・ヨナも突然悟る瞬間が来ること"
2010年03月29日 (月) | 編集 |
"私はオリンピックを終えても世界選手権大会を終えても未来に対して話さなかった。時間が流れてある日には行って突然朝目を開いた時悟ったし決定を下した。ただ私のための決定であったし正しい決定だった。"

'オリンピック クイーン'キム・ヨナ(20・高麗大)の専任指導者ブライアン・オーサー(49・カナダ)コーチは29日(韓国時間)イタリア,トリノ,パラベラ スケートリンクで終わった2010国際氷上競技連盟(ISU)世界フィギュアスケーティング選手権大会最後の日ガラショー途中国内取材陣と会って自身の経験談を聞かせた。弟子キム・ヨナが今後去就に対して悩むのに対して"キム・ヨナにも考える時間を与えなければならない"ということが彼の考えだった。

オーサーコーチは"キム・ヨナはオリンピックと世界選手権.アイスショーなど多くの経験を積んだしその経験を消化して自分のものに作っただけ。これから未来も明るいこと"としながら"キム・ヨナは学業に熱中することもできてアイスショー舞台にだけ立つこともできる。だが彼女に圧迫感を与えたくない"と話した。

"もちろん私は相変らず彼女が大会に出て行くことを願う。 以前と同じ情熱で競争したら良いだろう"と率直な胸の内を吐露したオーサーコーチは"(キム)ヨナが何の選択をしようが彼女の心奥深いところで沸き出た決定であってこそして 自ら幸せになりえる決定でなければならない"と強調した。

[スポーツソウル 2010-03-29 11:17] 元記事はこちらから

yk20100329-1.jpg

オーサーコーチネタ続けます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。