韓国のフィギュアスケート選手、キムヨナたんに関連するあれこれを韓国メディア記事中心に集めます!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

‘フィギュアお父さん’オーサーコーチ“私はヨナが幸せになることを望む”
2010年03月29日 (月) | 編集 |
“(キム)ヨナが何の選択をしようが,彼女の心奥深いところで沸き出た決定であってこそして,自ら幸せになりえる決定であってこそします”

'フィギュアクィーン'キム・ヨナ(20.高麗大)を育てたブライアン・オーサー(49.カナダ)コーチがキム・ヨナの未来は自ら決めなければなければならないと強調した。

オーサーコーチは29日(韓国時間)イタリア,トリノ,パラベラ スケートリンクで幕を下ろした2010国際氷上競技連盟(ISU)世界フィギュアスケーティング選手権大会最後の日ガラショーを控えて取材陣と会ってこのように話した。

オーサーコーチは"キム・ヨナはオリンピックと世界選手権,アイスショーなど多くの経験を積んだしその経験を消化して自分のものに作っただけ,これから未来も明るいだろう"と展望して"キム・ヨナはこれから進路を自ら決めなければならない"と話した。

オーサーコーチは"キム・ヨナは学業に熱中することもできてアイスショー舞台にだけ立つこともできる。 だが彼女に圧迫感を与えたくない"としてキム・ヨナの選択を尊重するという意向を明らかにした。

オーサーコーチは去る4年の間キム・ヨナを教えて'フィギュアクィーン′で作り出した主人公だ。

まだ未熟な点が多かった幼いスケーターと4年を一緒にして世界的なスター選手で育てただけ,送りたくない心やはり隠すことができなかった。

オーサーコーチは"去る4年の間彼女がスケーターとしても人間としても成熟するのを眺めることが楽しかった"として"2010バンクーバー冬季オリンピックを払ってお父さんになったように誇らしかった。 オリンピック時は私もだいぶ感情的に変わった。 驚くべき経験だった"と話した。

引き続き"出てきて共にした初めての2年の間キム・ヨナに練習は仕事のようなものだった。 多くの人々に仕事が楽しいだけではないようにキム・ヨナも練習を楽しむことができなかった"として"しなかった後2年の間キム・ヨナは本当に訓練を楽しんだ。 また他のスケーターらと親しくなって社会的にも成熟した"と過ぎた時間を見て回った。

オーサーコーチは"もちろん私は相変らず彼女が大会に出て行くことを願う。 以前と同じ情熱で競争したら良いだろう"という内心を表わすこともした。

だがオーサーコーチはそれでもキム・ヨナに特定の未来を強要するつもりがないことを明確にした。
オーサーコーチは自身が選手生活を締め切った時を見て回って"キム・ヨナにも考える時間を与えなければならない"と話した。

"私はオリンピックを終えても世界選手権大会を終えても未来に対して話さなかった。 時間が流れてある日には行って朝目を開いて悟ったし,決定を下した。 それはただ私のための決定であったし,正しい決定だった"という回想を添えた。

オーサーコーチは"私はキム・ヨナが幸せになるのを望む。 昨日競技を終えて尋ねると幸せだといった。 その話を聞いて私やはり幸せだった"としてほほえましく笑った。

[ニュース韓国ドットコム 2010-03-29 09:29] 元記事はこちらから

yk20100329-2.jpg

※そうかそうか、ヨナたん幸せって答えたんだね;; そんなヨナたんの笑顔をいつも近くで見ていられるコーチが羨ましい(笑)。これからもよろしくお願いしたいです~;;
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。